Aさん宅での消音装置の取付

DSCN6593
今日はWEBからのお問い合わせのAさん宅へ消音装置の取付に行ってきました。ヤマハのU3Hというピアノ。この当時のヤマハはフレンジコードがよく切れているので、心配でしたがすでに直してありました。すぐに作業にかかれるので、まずピアノの内部の掃除です。
精密機械を入れるので徹底してカビやほこりを取り除きます。
DSCN6594
鍵盤の下の部分にセンサーを取り付けます。ここで鍵盤の動きを感知します。今のはカバー式でほこりも入りません。
消音の理屈は画像にはありませんが、鍵盤を叩くとハンマーが弦を打ちますが、ハンマーが弦にあたる寸前にハンマーを止めるストップバーを取り付けます。そうすると鍵盤を叩いても弦を打たないので音が出ません。どこから音をもらうかというと、この画像のように鍵盤の下の精密なセンサーが鍵盤の細かい動きを感じとりそれを音に変換するわけです。音は基板に組み込まれたグランドピアノの音がヘットフォンから聞こえます。ピアノだけでなくビブラフォーンや弦楽器の音なども切り替えられます。
要はピアノの中に1台電子ピアノを組み込むわけですね。消音ピアノの大きな利点は鍵盤のタッチや重さがそのまま本物のピアノだということです。少しだけタッチが浅くなったような気がしますが、取付精度を高めるとあまり違和感は感じません。
DSCN6595
今まで取り付けた方の感想は「弾きたいときにいつでも弾けるということが大きい」ということでした。
DSCN6596
取付けたあと使用者のAさんに確認で弾いてもらいました。家でのピアの使い方も変わっていくと思います。今日は調律も同時にしたので、長時間(4時間半)の作業でAさんにはご迷惑をおかけしたかも。今後ともよろしくお願いします。

黒鍵の貼替え

DSCN6588
ネットからのお問い合わせで、ヤマハグランドピアノC3の黒鍵が角が取れ、汚くなってきたので張替えて欲しいとのこと。本物の黒檀ではなく、黒檀調黒鍵、どうしても黒檀ほど固くなく削れてきます。
DSCN6589
はずして裏を見ると普通の木です。黒く染色してあります。
DSCN6591
手前が本物の黒檀。どこを切っても黒です。それにずっしりと重い。手応えがあります。
DSCN6592
今回貼替えに使うのは、すこし贅沢してドイツ製にしました。
数ヶ月前にも貼替えをしましたが、好評でした。
修理やオーバーホール等7~8台同時進行の状態なので、合間合間に作業を進めていきたいと思います。

病院のグランドピアノ

DSCN6570
昨日は県立総合病院のグランドピアノの調律に行って来ました。カワイのGM1というベビーグランドです。
DSCN6572

低音部の弦の状態。低音の4本ほどに設計上の難が。ベアリング部分にかろうじて引っかかっているだけなので、弦はすこしずつ右側にすべります。その分ピッチが下がるわけです。ここは何とかして欲しかったですね。
DSCN6573
ここは10階なので見晴らし絶好です。都会と違って他に高い建物がないのでずっと先まで見渡せます。
気持ちよく調律ができました。低音部を除いては。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

piakobo

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ