白いグランドピアノ

白いピアノ 001
昨日、急に連絡が入りお店においてあるグランドでこの日曜日にライブをするとのこと。昨年12月に私が調律にお伺いしている白いグランドです。
音を出してみたら、その狂いの激しいこと、前回はA=442で調律をしておきましたが、測ってみるとA=436 暖房や冷房が直接あたる場所に置いてあることもあり、すさましい狂い方です。明日ピアノを使ってのライブ(有料)ということで、だいぶあせりました。
まず全体を443くらいでざっとピッチを上げ、2回目は442に合わせて調律。音も全体的にこもった感じ。相当控えめのハンマー硬化剤で すこし明るめの音に。
調律をし終えて、簡単な曲を弾いてみると初めとは打って変わって気持ちのいい音になってくれました。この状態で明日のライブで使っていただければいいのですが。ただ調律中も天井から気持ちのいい冷房の風が。実はこれがくせもので、明日の本番では人もたくさん入るでしょうし、冷房もそれなりに強くされ、その分またピアノも狂ってくるわけです。ま、仕方ないといえばそのとおりなのですが、やっぱり気にはなります。

10か月ぶりの再会

K48 001
今日は当工房で修理したカワイの60年ほど前のK48の調律に行って来ました。ここには2匹のキャバリアと1匹の黒猫がいます。
お宅に着いた途端、2匹のキャバが玄関でお出迎え。部屋に入ろうとするとピアノの脚のあいだから
黒猫ちゃんが。この子はいつもこの時間はお昼寝タイムで、今日は運よく出会うことができました。
K48 002
3匹とじゃれあっていると、なかなか仕事モードに入る事もできません。可愛いしぐさの写真をいっぱい撮りたいのですが、きょうは調律の仕事にきているのですからぐっと我慢して、調律をはじめました。また来年来るのが楽しみです。

65年前のヤマハに消音を取り付け。

ヤマハNo200消音取付 001
65年前のヤマハのNo200 内部の修理、外装関係もすべて終わり、調律・調整も済ませ、消音の取付をしています。消音キットの仕様が88鍵用しかなく、85鍵のこのピアノに合わせるのに結構手間取りました。その他うまく整合しないところが多く、手を加え調整をしの繰り返し。65年まえのピアノに最新の装置を取り付けるのですから、手間がかかるのも承知の上ですが。
ただ完成したあと千葉県に納品するので、完全に仕上げておかないと次の調律師さんに迷惑がかかると思うと、少しでも気になるところがあれば、またはずしてやり直し、ということをやっているので普通以上に時間がかかっています。27日に運送屋さんが取りにくるので、すこしあせっています。
それとも千葉まで調律に行こうかな。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ