白いピアノの調律

DSCN6139
今日は一昨年夏に、黒のピアノを白に塗り替え脚も猫足に改造、消音装置を取り付けて納品したNさまの調律に行って来ました。その時はまだドとシだけでしたが、今は随分上達し春の発表会に向けての曲を弾いてくれました。ご主人の赴任先の中国での赴任期間がまた3年延長になるそうで、今回は思い切って家族揃って中国に行かれるそうで、少し寂しくなります。成長されて帰って来られるのを楽しみに待っています。

ストーリー&クラークピアノ

DSCN6094
今日は昨年春にオーバーホールしたW先生の調律に行ってきました。だいぶと落ち着いてはきていますが、まだまだ成長中のようで音、音質、バランス等やることが一杯です。
DSCN6095
次の移動先に行く途中、びわ湖に渡り鳥の鴨がたくさん。この画面の左側にもこの10倍ほどの鴨・鴨・鴨。あまり風景等は撮らないのですが、思わずバッグからカメラを取りだしました。
DSCN6089
工房に帰ってからは昨日修理で入荷したアメリカのストーリー&クラークというピアノの修理に。
木目のきれいなピアノです。また画像で紹介しますが、ただ直すところが満載。手強いピアノになりそうです。
DSCN6086
ハンマーをみてもこの状態。低音部なのでもっと弾く中音部はこれよりもさらに弦溝が深く付いています。
DSCN6098
とりあえず外せるところはすべて取り外します。
DSCN6100
関節にあたる「フレンジ」も動きが少し遅いのでここもばらします。湿気や長年の錆び等で可動部分はどうしても動きが悪くなります。アクションが華麗に動いてくれると音までも変わります。これから何十年ものことを考えると、少し手間もかかり根気のいる作業ですが、今しかできないので根本から直したいと思います。

ピアノの修理のお手伝い

DSCN6085
今日は先日からお預かりして修理していた鍵盤をピアノ本体に戻すためにSさん宅にお伺いしてきました。ヤマハのUX1というピアノで、鍵盤のブッシングクロスが虫に食われていたのと、白鍵の小口が黄色く変色していたので張替えました。
キーピンを磨いたあと、古いパンチングクロスの交換ですが、お孫さん二人にもお手伝いしてもらい、作業は順調?に進みました。修理に参加出来たことで二人とも満足の様子でした。
鍵盤の動きもすごく軽やかになり弾きやすくなったと思います。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ