イギリスとドイツのピアノ

DSCN5529

今日は朝から芦屋のIさんの調律に行ってきました。娘さんは今アメリカの大学の1回生。
2階にあるピアノの調律にいつもお伺いしているのですが、今回1階のリビングにおいてあるグランドの調律もさせていただきました。
DSCN5530
イギリス製のジョン・ブロードウッド。ベートーベンが愛用したということで有名なメーカーで、このピアノも相当古く、多分100年は経っていると思います。
DSCN5531
一応鍵盤や弦等替えてありますが、少し難ありのところが多く、調律も結構手間取りました。音の響きは確かに違う匂いがする感じで細部をもっと精密に仕上げていけば相当魅力のある音になりそうなピアノです。次回以降に少しずつ手を加えていくことにします。
DSCN5532
こちらは2階の娘さんの部屋に置いてあるドイツのガブリエル・ガボーという
ピアノ。このピアノは6年前に私がオーバーホールしたピアノで、塗装もやり替えました。
1階のジョンブロと併せてまた伺うのが楽しみです。

倉敷の街

IMGP0218

久しぶりに丸一日休みが取れた、というか妻から強制的に「1日は休まないと」と休まされ朝から少し遠出をしてきました。前日までは私的には浜松の楽器博物館をメインに行くつもりでしたが、当日朝になって、「倉敷に行くからね」の一言。「はい」と何の抵抗もする隙も無く7時42分の新幹線で岡山~倉敷に。
IMGP0225
月曜日ということもあって観光客も少なく全くストレスなく倉敷の街をゆっくりと散策できました。
IMGP0242
帰りは岡山に立ち寄り後楽園に。広大な庭園を満喫できました。ただこの日は暑かった。もっとゆっくりと観光したいところですが、根っからの仕事人間、どうもゆったりと楽しむということが下手でこのあと新幹線で早めに家に帰りました。でも滅多にない1日を満喫することができました。

ピアノの納品

DSCN5526

今日は草津市のTさんの納品でした。新築の気持ちのいいお家で、ベランダを使っての2階上げです。
DSCN5528
途中ピアノの幅ぎりぎりのところを通って無事納品完了。消音も最新のを取り付けました。出来るだけ生で弾いてもらうのがベストですが、ご近所への気配りも大事なことなので、音は少し抑えめのやさしい感じに仕上げました。子どもさんはバスケットの試合に出かけてお留守でしたが、多分気に入ってもらえる音だと思います。また次回調律の時にいろいろご希望をお聞きして、ますますいいピアノに仕上げていきます。

記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ