アポロピアノのハンマーファイリング

DSCN5155
修理でお預かりしているアポロピアノのハンマー、弦の跡が深く溝のようになっています。
よく使っておられます。値打ちですね。
DSCN5154
ハンマーの頂点が平らになっています。弦に接触する部分は、ほんの数ミリでないと音が濁ってしまいます。
このハンマーの場合10ミリ以上はあります。
DSCN5156
少し根気強くペーパーで形を整えていきます。この作業は「ハンマーのファイリング」と言います。
これで音もクリアーになり弾きやすくなります。
ただ、このハンマーの場合、だいぶとフェルトを削ったのでタッチのバランスを修正する必要があります。
ハンマーが1グラム軽くなると鍵盤の重さが5グラム軽くなります。大きくファイリングした場合などは
タッチの変化も必ずチェックする必要があります。
最後に鍵盤の重さの調整をしてバランスのいいピアノに仕上げます。
Oさん、もう少しお待ちください。

グランドピアノのハンマー交換

DSCN5146
新しいパソコンが届いても、いろんな設定をしたりで随分時間がかかりました。
ようやくブログも再開できるようになりました。たくさんの仕事を同時進行しているのですが、この画像はカワイのKG5Cのハンマーをドイツ製のアベルハンマーに付け替えているところです。各セクションの端だけ残し古いハンマーを取り外しました。
DSCN5147
ハンマーの角度は場所によって異なるため、もともとのハンマーの角度を測っておいて、その角度で新しく穴をあけていきます。
DSCN5148
低音部、中音部、高音部と全部で88個のハンマーに穴開けをし、このあと膠(にかわ)で接着していきます。
もちろんこの新しいハンマーは第一整音といって、ハンマーの脇に針を刺して少しほぐしてあります。
アベルのハンマーはそう固くないので針刺しも少なめにしました。あとは音をだしながらの整音作業になります。
ヤマハのG2Bも同時進行でハンマーの植え付けをしています。

パソコンもう少しで届きます

パソコンが潰れて、いろいろ不便をしています。特に仕事関係はほとんどパソコンで管理していたので大変です。9日頃には新しいパソコンが来る予定です。ネットにつないだりセキュリティソフトを入れたり、やることが一杯です。スマホである程度はカバーできるので少しは助かりました。これからはバックアップをしっかりと取らないとと思いました。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ