古いピアノの修理

DSCN5764

先日入荷のヤマハU1E。業者によるとあまりに古いので廃棄するかそのまま飾っておくかくらいの値打ちですとのこと。お母さんが子供の頃に買ってもらったピアノで娘さんもこのピアノでずいぶん練習をし、できれば子供に使って欲しいと相談がありました。工房に入れて隅々まで点検しましたが、業者が言っているような「響板割れ」も全くなく消耗部品を替えていけば今後3~40年は十分もつ内容でした。まず鍵盤ですが、画像のようにひび割れがでています。この辺から修理にかかりました。
DSCN5765
アイロンで白鍵に熱を加えはがしていきます。
DSCN5766
このあと小口もはがしてヤスリをかけてその上に新しく白鍵を貼っていきます。今日はここまで。
DSCN5767
昼からは琵琶湖湖畔にある結婚式場のグランドの調律です。明日披露宴があるみたいでスタッフの人達がセッティングに汗だしていました。
DSCN5768
夕方はこの前から預かって修理をしてきたヤマハU3Cマホガニーの納品でした。このピアノで丁度52年前。替えるべきところを徹底して交換し、弱音も取り付け外装もしっかり磨きをかけ、新品のようです。このピアノも直す業者がなければ廃棄の運命にあったピアノです。画像を見ていると何か喜んで笑っているような気がします。私だけかも知れませんが。

白鍵小口の貼替えで四苦八苦

DSCN5750
調律とクリーニングの依頼があり、現物を見させてもらったところ、結構直すところが多く、かつ予算も限られているとのことで白鍵の小口は少し黄ばんでいますが、まあいいか、ということで工房に持ち帰りました。他を順繰りに修理していても、どうも小口が気になって仕方が無く、貼替えすることに決定。もちろん予算内でしますので追加請求はしません。
DSCN5751
ヤマハのU2MというピアノでMシリーズ以降のタイプは小口がなかなか取れにくく、手強い相手です。
いつものギロチンで小口をはがしていきますが、すんなりとは取れません。
DSCN5752
これよりも少し古いタイプですと材質がすこし粘りがあって、グーッといった感じできれいにはがれますが、このタイプ以降はパリパリといった感じですぐに途中で割れてしまいます。のみとトンカチで丁寧に丁寧に取り残した分をはがしていきます。時間がかかります。
DSCN5753
やっと取れました。あとは新しい小口を専用の接着剤で貼り付けていきます。

大変な修理依頼

DSCN5749
懇意にさせてもらっている歯科医のK先生からの依頼。最近ネットオークションで競り落としたというスイス製のオルゴール。REUGE(リュージュ)という高級品で144弁といって、ドラムの突起をはじく弁が144個ついている最高級のオルゴール。ところどころキズがあり、表面も少し曇っている感じで、ピアノをクリーニングしているのを見込んできれいにして欲しいとのこと。
DSCN5748
これは台の方。杢目のきれいなクルミ材で、象眼の美しい作りです。
しばし雑談して、帰られてからネットを調べてみたら、同じようなサイズのがなんと¥7,000,000
すごいのを預かってしまったようです。工房中のピアノをかき集めても負けるくらいの金額。さてどうするか、あすからじっくりと考えていきたいです。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ