52年前のヤマハU3C、完成間近

DSCN5727

音を止めるダンパーフェルトもすべて交換。ハンマーもファイリングをしてきれいになっています。
DSCN5729
ハンマーも戻りを助けるブライドルテープもすべて交換。
DSCN5732
鍵盤の高さや深さを決めるパンチングクロスもすべて交換。もちろんバランスピン・フロントピンともピカピカに磨いてあります。
DSCN5733
アクション関係、すべて取り付けました。
弱音フェルトも今までは無かったのですが、これもレバーで上下するようにして取り付けました。
DSCN5735
鍵盤の木部もきれいにサンディングして新しくナンバリングも施しました。
娘も参戦しての作業で、2人ですると早い早い。
DSCN5736
白鍵小口も貼替えて、新品に。
DSCN5738
今日一日でここまで進みました。外装もバフがけでつやがでてきました。マホガニーのいい色です。
明日からは調律と細かい調整をしていきます。作りがしっかりしてあるので、摩耗した部品や劣化した部品を換えていくとはじめとは全く違う「力強さ」がでてきます。まだまだ使えるピアノになりました。

U3C,ダンパーフェルトの貼替え

DSCN5720


音を止めるダンパーフェルトの貼替えです。まず今までついていたダンパーフェルトと赤いアンダーフェルトをきれいにとります。
DSCN5723
その間に膠(にかわ)を暖めます。このコーヒーメーカーが丁度の熱さで、重宝しています。
DSCN5721
まずアンダーフェルトを膠で貼り付け。
DSCN5722
きれいにカットします。
DSCN5725
ダンパーフェルトは全部で4種類。3本の弦を止める平止め、同じ3本の弦ですが振動の力が少し強い部分を止める3本止め、2本弦を止める2本止め、ここからは低音です。1本の弦を止める1本止め
一個ずつ切って準備しておきます。
DSCN5724
これは高音部の平止めを膠で接着したところ。
DSCN5726
高音から低音の1部まで取り付けました。音もよく止まるようになりました。明日からは残りのダンパーとハンマー関係を仕上げます。

ヤマハUXの納品

DSCN5713

27日(日)にピアノを見に来られ、ヤマハのUXというタイプのピアノをご購入いただきました。
外装もきれいで、鍵盤関係やその他はすでに修理済みですが、アクション関係はまだなので、分解して修理にかかりました。ヤマハでよく修理依頼がはいるフレンジコード、まだきれいで切れているところはありませんが、今後30年、40年のことを考えると交換は今しかないと思い全交換しました。
DSCN5714
これでまた長く使えます。
DSCN5715
ハンマーは適度に弦溝が付いています。これもきれいにします。
DSCN5716
ファイリング終えました。この時肝心なのは、左右きれいに形を整えるということと、頂点をきれいな形にすることです。ただ削るだけでは効果がでてきません。
DSCN5717
ブライドルテープという部品も交換するかどうかで迷いましたが、迷った時はたいがい交換をすることにしています。
DSCN5718
取り付けていっても、気持ちよく作業ができます。9月3日の納品に向けて出来るだけのことはしておきたいと思います。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ