工房のラベンダー

DSCN5407

工房の庭のラベンダー、満開です。今まで何を植えても最後は枯らしてしまい、もらった花や木もすぐに駄目にしてしまうので、もう我が家は造花しか手がないとあきらめていました。植えた当初は小さな株でしたがどんどん成長し今年は目一杯花をつけてくれました。近寄るといい香りがします。癒やされるというか、いつも工房に着いた途端このラベンダーをみて元気をもらっています。

グランドピアノの弦の総張替え

DSCN5369

弦の張り替え等の修理でカワイのKG3が入荷しました。私が調律に伺っているW先生のグランドです。何年も前から弦の錆びが原因で高音・次高音が特に調律がしづらく、年々ひどくなってきたので、今回ピアノをお預かりして弦を総張り替えします。
DSCN5383
代わりにアップライトをお貸ししたのですが、レッスンもあるので出来るだけ早くしあげようと、さっそくダンパーや弦をはずしにかかりました。
DSCN5384
芯線はドイツのレスロー弦、これはすべての番手が工房にあるので作業にかかれますが、巻線はこのピアノのサイズにあわせて作る必要があります。いつも頼んでいる浜松の業者さんにはずした巻線をおくります。
巻線を作ってもらっている間に出来るだけ作業をすすめていくつもりです。同じグレードの弦を張るのも芸がないので、レスロー弦の上にデーゲン社製の銅線を巻いてもらいます。いままでこの組み合わせはドシーンとした質量感のある低音が出て、今回もちょっと贅沢ですがこの最高の組み合わせにしました。楽しみです。

奇妙な修理跡

DSCN5348

ダンパースプーンの錆びがひどいところの部品をはずしてみると、やはりクロスが削れて穴があいていました。
DSCN5347
こうなると抵抗が増え鍵盤の動きに影響します。
DSCN5349
ダンパーの部品をはずそうと点検していたら、すごい修理の跡が。
ネジがなくなって太めの違うネジで締め込んだら木の部品が割れたのか、それとも割れを拡大しないため違うネジで押さえつけたのか、いずれにしても意味がわかりません。
DSCN5350
とりあえず部品をはずして割れを修理します。
このアクションは修理箇所満載です。まずすべてをはずして状況確認をし、明日から本格的に作業です。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ