鉄骨フレームの金粉塗装

DSCN5995
今日は天気がいいので朝から鉄骨フレームの金粉塗装をしました。汚れや錆びを取って塗装の準備。
DSCN5996
アグラフという部分やベアリングは塗装しないのでかぶせをします。
DSCN5997
できるだけ均一に、塗りむらがないようにエアガンで吹き付けます。
DSCN5998
夕方近くになって、十分に塗膜も乾いたので本体に組み込みます。
何回も位置を微調整しながら正確な元の位置に戻します。あらかたビスで締め付けて明日からは張弦の準備にかかります。

グランドピアノ、今日は弦を外しました

DSCN5975
今日は大忙しで、朝からグランドの調律が2件、昼から調律にお伺いしているお客さんのピアノの移動、工房に帰ってから昨日からかかっているヤマハC3Bの弦を外しにかかりました。
DSCN5980
すべての弦を外した状態。明日鉄骨フレームを下ろすのでネジを全部はずしました。
ネジといってもすごく大きいサイズで長さが90ミリほどあります。
DSCN5983
いろんな種類のネジが使われていて、場所によってわずかにクセが違うので元の位置に正確に戻せるように段ボールの箱にさしてあります。これだと間違えません。
明日からはいよいよ鉄骨フレーム下ろしと金粉塗装、響板・ピン板の確認や底板のクリーニング関係、張弦の準備等々。だんだん忙しくなります。

ヤマハグランドピアノC3Bのオーバーホール

DSCN5960
今日はいつも調律にお伺いしているW先生のグランドピアノを工房に運び入れました。
DSCN5968
5年ほど前にハンマーをアベル(ドイツ製)に交換、その後弦の錆びも気になりつつ2年程前に高音の弦が切れました。全体的に弦錆びが進行、今回弦の総交換をすることになりました。
DSCN5959
ピアノの裏側もカビがびっしり。この際、このあたりも徹底して直して行きます。
DSCN5970
まずいろんなところの測定をし、ダンパーをとり外していきます。
DSCN5972
すべてダンパーを取り外しました。ダンパーフェルトも新しく交換します。とりあえず今日はここまでです。明日からはいよいよ弦を外して分解作業にはいります。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ