今日は大阪での仕事でした。

DSCN6937
今日は歌の指導をされているI先生のグランドの調律に。亡くなったご主人が京響のメンバー(バイオリン)だったこともあり、広いレッスン室には何丁ものバイオリンがありました。
DSCN6938
午後からは大阪枚方市のKさんの調律。この前からレンタルを開始、今回は第1回目の無料調律です。
DSCN6940
早速弾いてくれました。ただピアノに何やら怪しげな人物が。ピアノは鏡のようにピカピカなので写真を撮るときは注意しないとだめですね。
DSCN6941




















3件目は大阪吹田市のAさん。ここもレンタルで、今回が2回目の無料調律。今年の11月で丁度2年になるので、そのまま購入を考えているとのこと。子供さんも頑張って練習されているみたいです。
はじめは、いつ辞めるかわからないので取りあえずレンタルで、とスタートされましたが、これからも続けてがんばって行かれるようで、よかったです。

バーベキュー

DSCN6924
今日は暑いさなかのバーベキュー。新しい工房が完成したので、記念にみんなに集まってもらいました。大型扇風機2機にスポットクーラー、タープから1歩出ると強烈に日差しが強く肉を焼く係りは大変。汗だくのバーベキュー大会となりました。それでもこの記録ずくめの暑さに少しは体が慣れてきたのか、誰も倒れることなく無事楽しく終えることができました。今度はもう少し涼しい季節に集まりたいですね。

ヤマハU3F弦張り始まる

DSCN6913
オーバーホールでお預かりしているS様のヤマハU3F。外装の磨きをしました。
DSCN6914
工房の中に入れて、先に金粉塗装しておいた鉄骨のフレームをはめます。
DSCN6916
ボルトもすべてとりつけ、チューニングピンを打ち込む前にピンブッシュというカエデ材でできた部品をはめ込みます。
DSCN6917
直径7.10ミリのチューニングピンを打ち込むので穴の径は6.8ミリに。これで丁度トルクもかかりピンの保持力も高まります。
DSCN6918
すべて穴もあき、準備完了。
DSCN6920
チューニングピンは太さ7.10ミリで長さ64ミリ。これを約230本打ち込んで行きます。
DSCN6921
ピンの高さはまだ高いままですが、見えている半分くらいの高さまで打ち込んでいきます。明日この続きをして張弦にかかります。弦の張り替えの場合、ここまでの作業を出来るだけ早くし、弦を張り終えて何回も何回もピッチを上げていく作業が大事です。新しい弦は伸び代も大きく、お客様にお渡しするまでに工房で出来るだけ何回も調律をして安定させてやることが重要。お盆までに張弦が終わればと思っていますが、暑いのでちょっとばて気味。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

piakobo

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ