2011年10月

アイゼナハピアノ完成

2011_1023_122652-CIMG4305

アイゼナハピアノの修理・クリーニングも最終段階。
弱音のマフラーフェルトも汚れていたので、他のピアノのと一緒にフェルトを張替ます。
2011_1023_163637-CIMG4307

鍵盤修理から始まって、ハンマーのファイリング・バランスキーピンの打ちかえ・錆、かび落とし・ペダルや丁番の磨き・・・と次から次へと修理が広がっていき、やっと完成。明日納品です。

ちなみに下の写真が我が工房に来たときのアイゼナハです。
2011_1014_182606-CIMG4282

2011_1014_182651-CIMG4284

アイゼナハピアノ修理とクリーニング

2011_1014_182651-CIMG4284

修理とクリーニングで「アイゼナハピアノ」が入荷。これから10日くらいかけての作業。
音は半音以上下がっています。とりあえず2度上げしました。ピン味は少しかたい感じ。
以前ネズミがはいったらしく、鍵盤をかじったり、フェルト・クロスを食いちぎったり、いろいろやっています。
弦錆はそんなでもないのですが、カビが結構ひどい状態。音もくすんでいます。
2011_1014_183905-CIMG4289

鍵盤をはずそうとしたら、バランスピンが錆びついてなかなかはずれない。全体の2~3割くらいこの状態。
ひどいところは、ピンを打ちかえます。
2011_1015_165546-CIMG4294

右の脚がぐらついていたので、キャスターをはずしネジをしめようとしたら、なんとネジがありませんでした。
これは製造段階のミス。今まで事故がなかったのが不思議なくらい。穴を新しく開けて4.5×65のネジで締め付けました。
これはいろいろありそう。この際徹底的に分解していく必要があります。

W101の着色工程

2011_1014_163906-CIMG4281

下塗り・上塗りの塗料をすべて取り去り、ペーパーで木地を整え、いよいよ着色の準備です。
まず見本を作り、この色合に着色していきます。
ブラジリアンローズウッドという、最高級の木地と色合いです。
このローズウッドも今では希少樹種の一つで、まず手にはいらない貴重な木です。
全体を着色(といっても塗ってはふき取り、また塗っての繰り返しで、この色見本の場合、10回くらい)して、
その上にサンディングシーラーを塗り、ペーパーで平らにし、(この作業2~3回)、上塗りに半ツヤの透明ウレタンをガンで吹きつけします。まだまだ時間がかかりそうです。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ