2012年04月

根性きつつき

朝のウォーキング 005
毎朝のウォーキングをはじめて5年。
季節季節でいろいろな発見があって楽しいものです。
最近、近くの公園でコンコンと杭を打っているような音が続き原因をさぐりに見にきました。
朝のウォーキング 006
入り口近くの池には毎朝カモがどこからかやって来て悠然と泳いでいます。
もう一つの池には大きな鯉もおり、時々パンのえさやりに来たりもします。
朝のウォーキング 014
コンコンという音の正体は「コゲラ」というキツツキの一種。
この「コゲラ」朝の5時頃から夕方まで一心不乱に穴を掘っている相当タフで根性の持ち主。
結構近所では知られた存在になっていました。
ただ掘っているのが桜の木で、結構固い。コンコンと音がしはじめて数週間になりますが、まだ1センチも掘れてなく、穴というには程遠い状態。
それでも毎日コンコンと掘り続ける根性。公園がすぐ近くなのでコンコンという音がよく聞こえてきます。
今ではこの音がすると「自分も頑張らないと」と思ってしまう毎日です。

U3Hアクション取付

U3H修理アクション取付 001
新しく張り終えた弦にこれも新しく張り替えたダンパー(音を止める)を取り付けていきます。
U3H修理アクション取付 002
スプリングやセンターピン、コード類をすべて新品に替えたハンマー関係の部品を取り付け。
U3H修理アクション取付 003
きれいに磨きなおした鍵盤をまず黒鍵から取付。
U3H修理アクション取付 004
白鍵も入れておおよその調整を済ませ、調律の開始。
はじめは調律というよりはピッチ上げ。何回も何回もピッチをあげて全体に落ち着かせ、なじませていきます。
この時に相当固いチューニングピンもところどころあり、全体にピンのトルクが平均するような作業もします。
アクションの動きやハンマーの当たり、音の出方等々のバラツキを調整しながらバランスが出るように、何回も調律・調整・整音の作業をしていきます。完成はまだまだ先になりそう。

U3H修理

U3H修理つづき 001
弦も張り終え、ピアノを立てて次は鍵盤関係の修理です。
鍵盤が乗る棚板をきれいにサンディングしました。
U3H修理つづき 002
鍵盤の筬(おさ)と呼ばれている部品を次に取り付けます。手前と真ん中のピン、総合計176本をきれいに磨き、つるつるの状態にしました。
U3H修理つづき 003
手前のピンにパンチング、真ん中のピンに赤い1.3㎜のパンチング。あとはこの上に鍵盤が乗ります。
ハンマー等のアクション関係は只今再生修理中。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ