2013年09月

あまが池プラザのチューニングピンベル

チューニングピンベル 011
完成したチューニングピンベルの画像が出て来ました。
一番右のにはイースタインの事を簡単に記してあります。グランドピアノの上にでも置いてもらって来られるかたに興味を持ってもらえばうれしいのですが。

イースタインの御披露目

チューニングピンベル 001
23日の夕方から、イースタインの御披露目があり、市長や関係者があつまりました。3人の若手ピアニストの演奏もあり、終始なごやかな雰囲気でした。
修復する前のチューニングピンを使って特製のチューニングベルを作りました。
チューニングピンベル 005
白木にステインで色をのせ、ステンシルで文字を書き、鍵盤も描いて、サンディングシーラーを吹きました。このあと透明のウレタン塗装をして完成。
チューニングピンベル 009
まだチューニングピンが入っていませんが、これで完成です。
一番右のは市長にプレゼント。
当日は修復なったピアノをみてもらい、みなさんに随分と感謝していただきました。3人のヤングピアニストの演奏もすばらしかったです。
ただ私にとっては、修復したピアノの出来栄えをテストされているように思え、いささか緊張しました。いくつかの課題も見つかったので、次回の調整に活かしたいと思います。

3台同時進行

3台同時進行 001
イースタインにかかりっきりだったので、溜まっていた作業を一気にしています。
このピアノはカワイのKu1Dという40年ほど前のピアノ。弦をすべて替えます。
3台同時進行 002
このピアノはアイゼナハというピアノ。アクションが湿気っぽい。鍵盤もやりなおし。弦はなんとかいけそうだが、ハンマーもカビている。
3台同時進行 003
多分このピアノが一番手がかかる感じ。弦はもちろん替えます。アクションもやり直し。
3台同時進行となると、作業工程をしっかり書いて、部品も区別して順序よく進めていかないと、わからなくなるので、はずした部品にはすべて名前を書いていきます。なにせ一人でやっていますから。
この3台の完成はほぼ1か月先が目標。

イースタイン納品

イースタイン納品 003
イースタインを納品しました。丁度コミュニティプラザの事務所を左に、突き当りの右側の
少し奥まった場所。演奏する人には、落ち着いた感じの場所です。音は出ていく方が多く、はねっ返りが少ないのでおとなしい感じに聞こえます。これからここでいろいろな人に弾いてもらって、調整と整音をし、音作りをしていって、どんどんいいピアノに成長してくれることを願っています。

ガボーと再会

ガボー再会 001
7月に修理して納品した芦屋のIさんの調律に伺いました。
弦を総張替したので、だいぶとピッチが下がっていました。2年くらいは弾かなくても相当狂いが出てくると思います。また6か月後に伺う約束をしました。
ガボー再会 002
ちょうど「ガボー」をいれた後に、このグランドを買われました。お部屋によくあっています。
ガボー再会 003
ブロードウッドといって、ベートーベンが愛用したピアノメーカーとして有名です。このピアノも相当年月が経っていると思います。音もアンティークな感じでした。うらやましい。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ