2013年11月

加藤景子さんのライブ

加藤景子ライブ 003
今日は久しぶりにジャズを聴きに行ってきました。
というのは、今日調律に行った先生宅にジャズピアニストの加藤景子さんとニューヨーク在住のアルトサックス奏者のご主人が来ておられ、今日・明日とライブをするということで、急遽聴きにいった次第。
迫力満点、地元ミュージシャンとのコラボもあり、楽しさ満載のライブでした。惜しむらくはデジタルピアノなので加藤さんの奥行のある、かつ繊細な演奏が聞けなかったという点。
今はニューヨークを中心に活動されているということですが、里帰りということもあり和気藹々のいい感じのコンサートでした。

再生ピアノの納品

U3F納品 001
ヤマハU3Fの納品、やはり部屋に納まると変な言い方ですが、ピアノ という感じがします。
このピアノはだいぶ古いピアノですが、弦もドイツのレスロー弦に替えたり、中のフェルト・クロス類やスプリング等も新しくしたり、出来る限りのことをしました。この部屋で音出しをしてみると、上質な新品の響きがしました。満足です。これから子供さんがこのピアノで練習をし、ピアノもそれに伴って成長をしていく、そんな感じがしました。これからが楽しみです。

グランドピアノのウィッペン修理

C3Bウィッペン 001
10日に納めるヤマハGPの低音部で、気になる音が混じっているので、この際ウィッペンというピアノのアクション部分のフェルト・クロス・センターピンの交換をしました。
C3Bウィッペン 002
フェルトも使っているうちに弾力がなくなり、わずかに薄く硬くなっています。
C3Bウィッペン 003
とにかく関係するところのフェルトを全部交換します。
C3Bウィッペン 004
しかし、これまた結構大変な作業で、いままで付いていたフェルトをピンポイントで蒸気ではがし、同じ大きさの部品を作り、一つずつ貼っていきます。
C3Bウィッペン 006
新しく貼りかえると、厚さも当然変わり、精密なからくりになっている各動きがぎこちなくなります。変な抵抗がないように、本来の働きをしてくれる点を探して調整していきます。
明日本体にはめこんで、最終調整をします。いやな音が消えてくれているといいのですが。

文化の日に大覚寺・仁和寺に行ってきました。

大覚寺・仁和寺 010
発表会からあと、3台のアップライトの修理、グランドピアノの仕上げと作業がずっと立て込んでいて、気晴らしの意味もあり大覚寺と仁和寺に行ってきました。
紅葉には少し早い時期ということもあって、観光客は思ったより少なく、ゆっくりと見て回ることができました。
大覚寺・仁和寺 002
広沢の池の近くのたんぼに、たくさんの案山子が並んでいました。
稲刈りもすでに終わっている時期に案山子というのも何か変ですが、コンテストでもあったのでしょうか?
色とりどりの服を着て踊っているような感じで、案山子による秋祭りを表現しているのかも。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ