2015年12月

結婚式場のグランドの調律

2015_1229_095930-IMGP0005
今年最後の仕事になりましたが、ある結婚式場の調律に行ってきました。
ヤマハのU2G 低音のジン線が気になります。クリーニングと調整をこの12月にされたようで12月21日にも
調律が入っていますが、当日(今日)披露宴で弾かれるかたのリクエストで、調律の依頼がありました。
それほどの狂いは無かったのですが、オクターブやユニゾンがすこし揺れていました。
結構レベルの高い方のようです。係の方が「今日の新郎が弾かれます。実はここのオーナーですので
ばっちり仕上げてください。」とのこと。
持ち時間が1時間20分くらいなので、すこし焦りましたが、ある程度バランスよく仕上がったと思います。
今年最後にいい仕事を依頼していただきありがとうございました。

ヤマハピアノのオーバーホール

大石さまU3H、工房全景 001
ヤマハのU3H。お孫さんがこれから40年、50年使っていけるように直して欲しいとのことで、
ご実家の三重県熊野市から当工房に。およそ40年ほど前のピアノで、メンテもだいぶと飛んでいます。
ハンマー交換、弦の総交換、アクションの交換等々やるべきことは一杯ありますが、大概はそこまで予算がないので、ということで中途半端な修理に終わるケースが多いのですが、Oさんのご希望と、きちっとご予算も組んでいただき、早速オーバーホールにかかります。
大石さんのオーバーホール 001
外装関係も多分、犬か猫かがいたのか、結構深い傷が多くついていてパテ埋め~塗装の修理になり、すべての部品をはずしにかかります。
大石さんのオーバーホール 007
注文しておいた部品もぞくぞく到着です。
大石さんのオーバーホール 010
ハンマーはドイツのアベル社。あったかく気持ちの良い音をだしてくれます。
弦はこれもドイツのレスロー社。スタインウェイのピアノに使われているので有名です。
大石さんのオーバーホール 017
とりあえずすべてのアクション部品をはずしていきます。おもてから見ていてもわかりませんが、結構劣化が進行しています。今後50年以上使えるようフェルト・クロス関係はほとんど交換します。
時間も十分もらっているので、徹底して精密に仕上げていくつもりです。

60年前のピアノの納品

星加さま納品 003
預かり修理をしていたヤマハのおよそ60年前のピアノ、完成してクリスマスの日に京都・大徳寺のお近くのHさん宅へ無事納品完了しました。ピアノの左側面を塗装を落として色づけをし、透明ウレタンで完璧に塗装をしたのですが、残念ながらまったく見えません。でも、またいずれの日にかピアノを移動されたりして「ああ、この面すごくきれいになってる」と感心してもらえたらそれで満足。また6か月後に調律にお伺いします。

古いヤマハピアノの修理


京都のHさんのピアノ。鍵盤の汚れをおとしていきます。約60年の湿気やカビ、よごれが染みついています。
星加さんのピアノ 003
蝶番も錆を徹底的に取って、コーティング。新品のようになりました。
星加さんのピアノ 004
弦の錆取り、プレッシャーバーも根気よく磨き、チューニングピンもきれいに。
星加さんのピアノ 005
左側の塗装面が、多分長年お日様にあたっていて、塗膜が劣化していました。
この画像は、すでに塗膜(カシューが使ってありました。)を落とし、水性のステインを数回塗り込んだ状態です。
このあと、まだ3~4回ステインで色づけをし、下塗り・上塗り(透明のポリウレタン)でしあげるつもりです。
星加さんのピアノ 006
ハンマーも新品のようになりました。
星加さんのピアノ 009
ただハンマーの動きがすこぶる悪く、バットフレンジという部品のセンターピンを交換しないとだめのようです。
星加さんのピアノ 007
白鍵の小口も新しく張り替えます。専用の接着剤で圧着しているところ。
25日に納品する予定なので、一気に各作業を集中してやっています。明日も調律の合間をみてするつもりですが、この時でないと出来ないと思うと、これもしておこう、あれもしておこうと、ついつい仕事が増えていってしまいます。今日は朝早くから作業を開始し、そのあと調律に3軒まわり、工房に帰ってから夜9時半までねばって作業をしました。少し先が見えてきた感じです。
星加さんのピアノ 007

星加さんのピアノ 001

グランドピアノの調律2件

リビングの奥のGP
8日、いつもお邪魔しているカルチャーセンターのグランドピアノの調律をしてきました。3台のうちの1台ですが、このピアノ、ハンマーが酷使されて写真のような状態に。これでは輪郭のある音がでません。音質もそうとう硬くなっています。
時間がなかったので、とりあえず中音部をファイリング。これで弦を打つポイントも定まり、変な高次倍音もなくなりました。次回(6か月後)は残りをファイリングの予定。
小中さんのピアノ 1
昼からお伺いしたのは、親しくしている先生のお知り合いがお店を出されたとのこと。白いきれいなピアノが置いてあり、お店の名前も「白いピアノ」だそうです。
比較的新しいピアノですが、高音部がだいぶ落ちていました。それとあまり弾いておられなかったみたいで
音が出ません。すこしその辺を手直しして、終了。来週にプレオープンをし、年明けにオープンだそうです。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ