DSCN5348

ダンパースプーンの錆びがひどいところの部品をはずしてみると、やはりクロスが削れて穴があいていました。
DSCN5347
こうなると抵抗が増え鍵盤の動きに影響します。
DSCN5349
ダンパーの部品をはずそうと点検していたら、すごい修理の跡が。
ネジがなくなって太めの違うネジで締め込んだら木の部品が割れたのか、それとも割れを拡大しないため違うネジで押さえつけたのか、いずれにしても意味がわかりません。
DSCN5350
とりあえず部品をはずして割れを修理します。
このアクションは修理箇所満載です。まずすべてをはずして状況確認をし、明日から本格的に作業です。