DSCN6338
古いヤマハのU1E。響板割れがいくつかあり、埋め木の修理をしました。
DSCN6339
ヒビの入っている箇所を専用の道具でクサビ状に削ります。
DSCN6340
そこへ同じ状態のクサビ状にした響板と同じ材質(スプルース)をはめ込みます。
DSCN6341
しっかりとボンドをつけて密着。
DSCN6342
さらに金槌で叩き込みます。
DSCN6343
出っ張った部分をカンナとノミで整えます。
DSCN6344
最後に専用のニスを塗って完成です。
弦を外し、鉄骨フレームを下ろし響板が剥き出しになったこの状態でしか出来ない作業です。
これで響板が1枚として豊かに響いてくれます。