DSCN6375
だいぶ見づらいですが、弦圧(駒圧)を測っています。これから弦を張っていくのですが、弦の振動は真ん中に見える駒から響板に伝わって音として拡大されます。駒の位置は少し弦を押し上げるくらいがいいのですが、測って見ると殆ど水平。少しだけ鉄骨フレームを下げてやる必要があります。
DSCN6377
うまくしたもので、鉄骨フレームの下部には削って調整するように木が張ってあります。
その部分をわずかに削ってみました。
DSCN6376
これで丁度駒圧がでてきました。
この作業は弦を張る前に鉄骨フレームを外せる状態の時でないと出来ません。
DSCN6378
フェルト等を貼って張弦の準備です。
DSCN6380
丸いピンブッシュというカエデで出来た部品を鉄骨フレームの穴のところに打ち込んでいきます。
そのあと穴を開けていきます。今回使うチューニングピンは前のより少し太い7.10ミリ。穴の直径は6.8ミリにしました。丁度トルクがかかっていい感じです。
明日から弦を張りだします。どんなになるか楽しみです。