DSCN6519
工房増築も順調に進んでいます。窓もとりつき、サイディング待ちの状態。
DSCN6523
天井からチェーンブロックでピアノの鉄骨フレームをを吊り上げるのでその部分だけ特に頑丈にしてあります。一番大きなグランドピアノでも大丈夫です。
DSCN6529
作業は着々と進んでいます。当初、外側を業者の方にしてもらい、中の造作は私がする予定でしたが、本業のピアノ修理がてんてこ舞いの状態なので、すべてプロにお任せにしました。半分残念ですが、体が一つしかないので仕方ありません。修理で待ってもらっている以上、1日でも早く完成してピアノをお渡しするのが先決ですから。
この調子なら6月中旬には稼働できそうです。楽しみです。