DSCN6761
先日入荷したヤマハG3E。響板の古いニスをシンナーで取っているところ。きれいな響板が出てきました。
DSCN6764
古いニスや汚れを取り去ると、何カ所かヒビが走っているのがよく分かります。このままでは響きの連続性が無くなったり雑音の原因になります。
DSCN6765
まず割れが走っているところを専用の工具でV字型に広げます。
DSCN6766
そこへ響板と同じスプルース材のV字に整形したのを埋め込みます。
DSCN6767
よく叩き込んで接着剤が乾いてから、小がんなで出た部分を削り取ります。
DSCN6768
平らになったら完成です。このあと響板全体をサンダーで整え、新しくニスを塗って仕上げます。
今しかできない作業で、弦を張ってしまっては取り返しがつきません。修理はこんなことの積み上げ、繰り返しで、小さいことでも手を抜くとあとでしっぺ返しをくらいます。