DSCN6901
今日は草津市の高校の音楽室のグランドピアノの調律に行って来ました。カワイのKG2Dという器種で相当使ってあります。今日はハンマーの整形も頼まれていますので、音がどう変わるか楽しみです。
DSCN6903
ハンマーの状態。弦の溝がくっきりとついて、中には2本しか打っていないハンマーもあります。
ハンマーの先端だけで弦を打つのできれいな音が出るのですが、これでは高次倍音を拾ったり、弦との接触時間が多くなって濁った音になったりします。
DSCN6905
とりあえず、ざっとファイリングしました。先端もすこし尖った卵型にしました。音もクリアになり、弾きやすくなったと思います。弦合わせや針刺し等もしましたが、まず弾き込んでもらい、バラツキが出てきた段階で、また整音作業をするともっと全体が揃ってくると思います。また来ます。
DSCN6906
この後2件調律に伺い、夕方工房に帰ってから鉄骨フレームの金粉塗装をしました。
DSCN6908
昭和44年製のヤマハU3F。錆を取り、こうして新しく塗装もすると見違えるほどきれいになります。
明日から鉄骨フレームを本体に戻して、やっと弦張りの開始です。