DSCN7274
昨日は工房で再生したカワイのK8というピアノの調律に行ってきました。
ほぼ半世紀以上前のピアノで、弦はもちろんのこと、フェルトやクロス、鍵盤等々新しい部品に替えて見事に生き返りました。6月にお納めしたので本当は7月か8月に第1回目のサービス調律にお伺いする予定でしたが、うまく予定がかみ合わず、12月になってしまいました。案の定、相当な狂いです。
DSCN7273

ただ、調律していて思ったのは音が大きくなっている、というか音がすごく伸びるということでした。とても60年前のピアノの音ではありませんでした。これでまた何十年もいい音を出してくれると思います。次回のサービス調律は2月にしました。音が落ち着くまでは何回でも来ます。Sさまよろしくお願いします。